マンションの一棟買いで空室対策を行なう!

女の人

計画的な利用が必要です

男女

多くの賃貸では、契約をする時に保証人が必要でしたが、保証人が頼めないという人に役立つのが賃貸保証会社です。賃貸保証会社を利用することで、万が一家賃を払えなくなった場合でも、本人の代わりに家賃を支払ってくれるため、オーナーも安定した収入を得ることができ、家賃滞納のリスクを軽減できます。

もっと読む

建物全体を管理する

アパート

自分だけで経営が可能

不動産投資の中でもマンション投資で難しいのは、自分だけがオーナーではないというところです。オーナーが複数いるため、自分の好きなように経営することはできません。基本的には区分所有権者同士の話し合いによって大規模改修なども決まっていくため、自分の好きなように資金計画を建てることができません。その点、マンションを一棟買いすれば経営の柔軟性が生まれます。一棟買いであれば、マンション全体が自分の所有物になりますので、大規模改修にしても家賃の設定にしても、全て自分の意向だけで決めることができるのです。一棟買いすれば経営権すべてを掌握することができるので、将来的な建て替えなどにおいても、全て自分が決めることができます。

空室リスクを回避

マンション一棟買いは空室が生じた場合のリスク回避としても役に立ちます。1室だけを購入している場合には、その部屋が空室になってしまった場合、収益はゼロになってしまいます。すぐに入居者が見つかればいいのですが、空室期間が長引いた場合には、その間は収入が途絶え維持管理費だけがかかることになります。その点、マンション一棟買いであれば、どこかの部屋が空室になっても収入がゼロになることはありません。もちろん、たくさんの部屋を所有することになりますので、どこかの部屋で空室が生じる可能性はあります。しかし、それは一室であっても一棟であっても、確率としては変わりません。万が一の時に、全体の収入で維持管理費をカバーすることで、円滑な経営が可能になるのです。

安定した生活ができる

紙幣とそろばん

不動産投資は安定的に収入を得られますので、老後の私的年金としても役立ちます。入居者の募集やクレーム対応は管理会社に任せると完全に不労所得としてお金を得られます。また、資金が手元になくてもローンが利用できるので少額資金でも開始できます。

もっと読む

積み立てによる修繕対策

男性

マンション管理をする上で長期的な視点に立って修繕費を積み立てるのは大切です。大規模修繕の費用を見越して資金計画を立てる必要がありますが、その際に積み立てた資金は必要経費として節税に利用することもできます。

もっと読む