計画的な利用が必要です|マンションの一棟買いで空室対策を行なう!

マンションの一棟買いで空室対策を行なう!

男の人

計画的な利用が必要です

男女

核家族化を支えています

賃貸契約を行なう際には、保証人を立てて借りることが一般的でした。街の古くから営業している不動産会社では、保証人を立てた賃貸借契約が可能ですが、各家族化が進んでいるために保証人を手軽に頼めないことも珍しくありません。賃貸保証会社を利用すれば、法人が保証人の役割を果たしてもらえるので、オーナーからも家賃滞納リスクを減らせて安心出来ます。賃貸保証会社が果たす役割が大きくなってくるに連れて、不動産会社ごとに取扱を行っている賃貸保証会社の住み分けが進んでいます。賃貸保証会社の審査内容は、各会社ごとに異なりますが、家賃の支払い能力をある程度把握することは、オーナーが直接判断するよりも正確です。安心して互いに賃貸借契約を結ぶためにも、賃貸保証会社は役立っているわけです。

契約条件を確認しよう

賃貸保証会社を利用する際には、保証契約の条件を細かく確認しておくことが必要です。不動産会社から紹介される賃貸保証会社は、1社だけとは限らず複数社の取扱があることが一般的です。なぜなら、初回保証料と年間保証料については、賃貸保証会社の審査が厳しいほど費用が安くなる傾向があります。ターゲットとしている利用者層がそれぞれ異なるので、賃貸保証会社の審査に落ちても気にする必要はありません。不動産会社では、なるべく費用が安い会社から順番に審査に掛けることが一般的ですから、勤続年数や年収により利用出来る会社に違いが出ることがあるからです。提携している不動産会社としては、自社で仲介した賃貸借契約が成約して欲しいわけですが、費用が安い賃貸保証会社から順番に審査に掛けているだけです。