積み立てによる修繕対策|マンションの一棟買いで空室対策を行なう!

マンションの一棟買いで空室対策を行なう!

男の人

積み立てによる修繕対策

男性

修繕の必要性

将来的に修繕が必要になる可能性を考えておくことはマンション管理を行う上で欠かせません。マンションを購入した時点では入居者が十分に募れていても、老朽化が進んでしまうと次第に空室が目立つようになります。また、外壁や屋根などの劣化が進むと建物自体が壊れやすくなってしまうため、適宜修繕を行って建物の維持に努めることが重要です。マンション管理では目の前に見える清掃や点検、入居者管理などに注目してしまいがちですが、長期的な視野に立って修繕計画を立てておかなければ経営が破綻するリスクがあります。マンションを購入して経営を始めるときにはいつどのような修繕が必要になるかを見積もっておき、資金計画を立てるのが賢明です。

積み立てと節税

マンションの修繕を行うためには費用がかかります。マンション管理のために定期的にかかっている費用に加えて、大規模修繕を行うための費用を積み立てておかなければならないでしょう。定期的にかかる費用に比べて高額になりやすいのが修繕費用であり、積み立てをしておかなければいざというときに借金をしなければならなくなります。マンション管理のためにかかる費用は必要経費にすることができるため、積み立てている資金は経費として節税に活用することも可能です。資金計画としてただ毎年一定額の積み立てを修繕費として蓄えていくのではなく、一気に数年間で積み立てることもできます。所得税を減らすための方法として活用できるのが修繕費積立金の特徴です。